名古屋で格安レンタカーを使うコツとは?

名古屋は広い都市ですので、レンタカーの会社はとても沢山あります。ですが、多いという事はその分差別化もされているという事であり、格安で使いたい様な時には幾つか知っておくべきポイントという物もまた存在します。そこで今回、名古屋でお得にレンタカーを使いたい場合のコツを合計3つ程述べていきます。気になる項目があったら、しっかりチェックしてみる事をお勧めします。

まずは比較サイトで名古屋を探してみよう。

昨今、多くのサービスがネット展開しておりレンタカー関連も例外ではありません。各会社の特徴を比較検討したサイトが幾つか展開していますので、まずはその内の幾つかで付近に条件が良いお店が無いかを探すのが第一歩になります。その際特に意識した方が良いポイントは「基本料金」と「シーズン&深夜料金」、そして「キャンペーン内容」と「オプション」と「メリット&デメリット」の合計5つです。格安をテーマにしている場合には、どうしても基本料金とシーズン&深夜料金辺りに目を奪われてしまうかもしれません。ですが、例えば行楽シーズン等で発生するキャンペーン等をしっかり確認しておくと、更に割引が利く事もあります。更には同じ値段でサポートオプションが全く違う様な事もあって、トータル利益で考えた場合には、やはり「格安で可能な限りの性能水準の車を貸してもらえる」という結果を目指した方が堅実です。他にも、会社によってはまさかのトラブルが発生した際に手厚いサポートをしてくれる所もあるかと思えば、残念ながらペナルティが厳しめに設定されている会社という物も無いではありません。最終的には「自身がどの点を重視しているか」にもよりますが、どのサイトを使うにしても、最低限この辺りはしっかり確認する事をお勧めします。

クーポンやキャンペーンを観察してみましょう。

比較サイトに載っていないケースも無いではありませんが、例えばヤフー会員限定であったり、会社の無料会員登録をしておくとその分割引してもらえる事も昨今珍しくなくなっています。単純に秋の行楽シーズンや夏休みイベントという様な事で、割引してもらえるという事もあります。ですが、安い料金を追求する場合には特に車関係の場合でしたら「携帯会社や通販サイト、もしくは旅行関連サイト」等と何らかの提携をしていないかは地道に調べておく事をお勧めします。行楽シーズン以外であっても、結構頻繁にクーポン券の発行や割引が行われている事がありますし、「会員登録の方もその場限りの申込で年会費等は掛からないで、割引だけしてもらえる」という様に、申し込んでも後でデメリットが無いであろうパターンも多いので見逃さないのが肝心です。他にも、トヨタや日産等、特定の会社のカードを保有していたりするとその系列の車を安く借りられるという特典があるケースもありますので、車関係で自身が有しているカード類は1度内容をしっかり読み返してみるというのも悪くありません。後はオプションですが、「準備してもらった方が手間が無い」と見なすのであれば勘定に入れないでも良いですが、自身で準備可能ならば自前で用意すればその分の料金が浮く事も押えておく事です。

パッケージツアーと乗り捨てサービスをチェックです。

旅行先へ新幹線や飛行機で出かけつつ、現地の足として車を借りたいという様な時にはパッケージツアーを調べてみるというのも1つです。勿論、全ての旅行に適用されているわけではありませんが、ツアー案内の中に料金が記載されている事も多く、その場合は1日の使用料金が通常よりも低めに設定されている事が珍しくありません。他にも、ガソリンを満タンにしないでも返却OK等の特典がある事も多い上、旅行の申込と車の手配が1度で済むという点で面倒が少なくて良いメリットがあります。続いて、格安を考える場合に避けられないのが乗り捨てサービス関連は諦める事です。乗り捨てサービスは、「借りる営業所と返す営業所が別でもOK」というサービスの事を指します。ですが、このサービスは基本大手が扱う事が多く、安い料金設定で稼働している会社の場合は系列会社自体が無い事や手間の分を補えない等の理由で、このサービスに参入していない事が少なくありません。勿論、やっている所も無いではありませんが、条件で制約が付いてくる様な事も多いですので、基本的には最初から勘定に入れないで計画を立てた方が堅実です。これ以外では、短時間利用という場合にはカーシェアリングをお願いするのも悪くありません。

まとめ 「基本料金」と「シーズン&深夜料金」、そして「キャンペーン内容」と「オプション」と「メリット&デメリット」の5つを比較サイトを探し出したら、しっかり確認する事をお勧めします。その上で各種会員割引やクーポンやキャンペーンの詳細を細かく調べておく事と、パッケージツアーの利用等を考えれば申し分ないです。後は乗り捨てサービスは、料金の安さに重きを置く場合は除外した方が堅実になります。レンタカー 24時間のことならこちら