自動車を購入するときに、新車を購入するか、それとも中古車を購入するかで悩む人も多いことでしょう。クルマの価格は年々上昇し、軽自動車でさえも150万円もする時代です。確かに大型化や高性能化など、価格上昇の理由はあるのですが、この価格の上昇により、新車がほしくても買えないというのは悲しいかぎりです。そこで目を向けるのが中古車です。

年式や走行距離にもよりますが、同じ予算であれば、2クラス以上上のクルマを購入することが可能になります。たとえば、150万円の予算では軽自動車やコンパクトカーしか新車を購入できませんが、中古車であれば、人気のハイブリッドカープリウスやミドルクラスのクルマでも、3年落ち以内の程度の良いクルマが購入が可能になります。バブルの頃などは、3年毎にクルマを買い替える人も多かったのですが、今は一度購入すれば5年、10年と長く乗り続ける人が増えています。そうなると中古車であっても本当に欲しかったクルマを選ぶほうが、不満な気持ちを抱いたまま新車を選ぶよりも後悔が少ないかもしれません。

ただ、中古車を選ぶ場合は、そのクルマの状態をよくチェックする目が必要になってきます。新車から3年程度であれば、ほとんどメンテナンスフリーで乗ることができますが、メーカーの保証期間が切れる5年目以降は、消耗部品の交換や様々な不具合の発生が増えてきます。その分失費は多くなります。安い買い物でも後からお金がかかるということもあるということです。

これを防ぐためにも程度の良いクルマを選ぶことが大切です。