車を購入する場合、その価格がいくらになるのかは主に「メーカー小売価格」が大きな影響を持ちます。この価格が一般消費者が購入する場合の価格として用いられることになるため、販売店ごとに価格の差はあるにしてもそこまで大きな差が出ないようになっています。しかし、車を売却する場合には利用する中古車買取業者やその手段によって何倍もの差が出てしまう可能性もあります。その為、中古車の買取価格決定におけるポイントを理解することは非常に重要な事です。

中古車の買取価格を決定するうえで非常に重要な影響を与えるものが「相場」です。これはいわば「売却時のメーカー小売価格」と言えるもので、全国の買取業者や販売店はこの相場を基準として買取価格を決定します。しかし、これも購入時と同じように買取業者ごとに最終的な価格の差が生まれるため、少しでも買取価格のベースが良い業者を選ぶということが大切です。実際にその車の価値を判断する材料として、相場の他にも「車の状態」も大きな影響を持ちます。

エンジンは正常始動するか、ブレーキは正常か、内外装の傷や塗装の状況はどうか、喫煙車か禁煙車か、カスタムの方向性や程度はどうかなど様々な要素が影響を与えます。一般的に、販売時の状態(ノーマル)が最も安定した価格で買取ってもらえる状態と言えます。カスタムを施したから必ずしも価値が下がるということではありませんが、売却時にはその車の純正パーツを付属させることで価値が低下するのを最小限に抑えることが出来ます。